• 学校紹介
  • カリキュラム
  • キャンパスライフ
  • 資格・就職
  • 募集要項
  • 学費・奨学金
  • 体験入学等
校長のあいさつ・教育方針・目標

校長のあいさつ

湘南平塚看護専門学校の看護教育は、開校してから23年が経過しました。開校以来、特定の医療機関に属さない私学としての自由な立場から、社会の要請に柔軟に対応し、看護師の育成に取り組んでいます。本学は人間愛を基盤に学生・教員それぞれがお互い・自身をかけがえのない存在として尊重できる人に育つことを願い、チューター制を取り入れたり、少人数の指導体制による技術教育をおこなっています。21世紀を担う看護師を目指す皆様が5年後、10年後の自分を描き、早期離職することなく看護の仕事を継続していける就職先を自己決定するための支援に力を入れています。

先輩たちは、質の高い看護を提供する実践者として、地域で活躍し、高い評価を得ています。先輩看護師の支援を得、卒業生がステップアップしていくための中継地点としての機能も果たしています。看護を自由に創造し、自己成長していきたい皆様を歓迎します。

校長 中野 裕子

湘南平塚看護専門学校の教育方針

本学の教育は、ヒューマニズムの精神の基、保健・医療・福祉システムを構成する一員として、個人の生命と人格を尊重した看護ができるとともに、家庭、集団、地域へとアプローチを拡大し、看護職としての役割が遂行できる基礎的な能力を養うことを目的にしています。本学は、人間性、倫理観、使命感を養うことに力を注ぎ、意欲的な学習が習慣化され、生涯にわたって自己啓発ができ、情報化、高度技術化、国際化が著しい社会に即応できる看護師になれるよう学習環境を整えています。また、問題解決にあたっては人間愛に裏打ちされた判断力と実践力を身につけた責任のある行動がとれるような看護職者を育成しています。

湘南平塚看護専門学校の目標

  1. 人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解し、尊重できる豊かな心を養う。
  2. 人びとの健康と生活が自然、社会、文化的環境との相互作用により幅広く影響を受けている生活者として理解できる能力を養う。
  3. 人びとの健康上の課題に対応するための科学的根拠に基づいた看護を実践する基礎的能力を養う。
  4. 健康の保持増進、疾病の予防と治療、リハビリテーション、終末期など健康や障害、加齢に伴う状態の変化に応じた看護を実践するための基礎的能力を養う。
  5. 保健、医療、福祉におけるチームの一員として他職種と協働できる基礎的能力を養う。
  6. 専門職業人としての共感的態度及び倫理に基づいた行動ができるとともに生涯にわたり自己啓発ができる能力を養う。