• 幼稚園について
  • 幼稚園での生活
  • 預かり保育
  • 募集要項・費用
  • 先生たちのメッセージ
  • 保護者の声
よくあるご質問

よくあるご質問

Q. 幼稚園と保育園の違いは?

A.

幼稚園は学校教育法で「幼児を保育し、健やかな成長のために適当な環境を与えてその心身の発達を助長すること」を目的としています。これに対し、保育園は児童福祉法で「保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育すること」を目的としています。つまり、幼稚園は未就学児(3才から小学校就学まで)の教育を行う場、保育園は保護者に代わって乳児又は幼児を保育する場ということです。

Q. 1クラスの子どもの人数は?

A.

学校教育法では1クラス35人までと定められています。しかし、当園では25人前後といったところです。1人の教師が全員に目配り、気配りできる人数だと考えています。さらに年少さんでは、15人~20人で1クラスを編成し、また、支援担当の教師を付け、万全を期しています。

Q. バス通園を希望しているのですが、どこまで来てもらえますか?

A.

バス運行の範囲は決まっていませんので、電話等でご相談ください。

Q. 園内の見学はできますか?

A.

10月15日に園内見学日を設けていますが、電話等でご相談いただければ、随時見学を受け付けます。

Q. 幼稚園終了後に行っていること(課外)はありますか?

A.

現在、課外で行っている教室は、体操・サッカー・新体操・絵画・英語です。

対象は清水学園付属幼稚園の在園児と卒業園児です。

体操教室

21世紀を生きる子ども達に必要なことは、第一に健康です。幼児期に身体の機能を十分発達させることにより、知能の発達を促進し子どもの将来を決定付けます。体操教室では、男性教師により、たくましい心と体の基礎作りに、バランスのとれた指導を行っています。

サッカー教室

サッカーを通して、友達と力を合わせ相手と競い合う楽しさ、達成した時の嬉しさ、試合で勝った時の喜び、負けた時の悔しさなど、技術面はもとより、精神面の成長とともに「チャレンジ精神」「自信」なども育てていきます。

新体操教室

適度な筋肉を発達させることで正しく美しい姿勢、バランスのとれた身体作りができ、柔軟性、反射神経、敏捷性を養うことができます。また、様々な動作をすることで、身体を動かすことの楽しさと喜びを覚えると共に、感受性を育み、身体全体を使った表現方法を身に付けることができます。

英語教室

“言葉や発音は小さい時から”。ゲームやリズムを通し、身体を動かしながら楽しく英語学習の基礎を身に付けていきます。

絵画教室

いろいろな創作活動を通して、子ども達の創造力を養い、一人ひとりの豊かな感性を引き出していきます。自己表現をしようとする気持ちを大切にしながら、個性を育てます。

お問い合わせ
清水学園幼稚園はどんなところ?
楽しい年間行事
預かり保育
しみずっこ新聞