• 幼稚園について
  • 幼稚園での生活
  • 預かり保育
  • 募集要項・費用
  • 先生たちのメッセージ
  • 保護者の声
保護者の声

「わがままだった我が子が伸び伸びと元気に成長」Aさん

三人兄弟の末っ子で、甘やかしたせいか、とても乱暴でわがままで泣き虫に。幼稚園では、お友達をいじめたりしないか、仲良しのお友達を作ることができるか、とても心配でした。泣いて行きたがらない時があって、何度、先生方に相談したことでしょう。でも先生は「それも個性。大丈夫よ。とても良い子だよ。見守ってあげて。」と。その言葉にどれだけ励まされたことでしょう。プール参観、親子体操、運動会と先生の言葉通り、家での様子からは想像がつかないくらい、楽しそうにニコニコとお友達と遊んでいる姿がそこにありました。優しく見守ってくれる先生方がいて下さるから、伸び伸びと元気に成長できるのでしょう。本当に心から感謝しています。

「何年経っても変わらない、暖かい場所」Bさん

二十年前に、私も通っていた幼稚園に、今年から娘も通うことになりました。その頃と先生も制服も同じで、懐かしく思いました。入園説明会では、担当してくれた先生の名前を覚えてきて、「早く先生とお弁当食べたいな。」と毎日のように話していて、入園前から楽しみにしていました。今では、その先生と一緒に働くことが夢になり「幼稚園の先生になりたい。」と言って、毎日楽しそうに通っていく娘の姿を見て、清水幼稚園に入園して良かったな…と思っています。これからも大好きな幼稚園で、たくさんのお友達や先生と、楽しい思い出をいっぱい作っていってほしいです。

「先生方の暖かいサポートにはすごく感謝しています。」Cさん

幼稚園では、バンビの頃からお世話になっています。あまり人見知りをせず、すぐに環境になれるタイプなので、先生方のそばで、笑顔いっぱいで参加している様子は、すでに入園した園児のよう。その分、夢中になりすぎて周りが見えなくなり、先生方を手こずらせることもありました。予想以上に慣れたため、落ち着きのなさが目立ち始め、それが入園後も続くのではと心配しましたが、子どもながらに意識するところもあるのでしょうか。入園して一、二ヶ月もすると、先生方も驚くほど落ち着きを見せるようになったそうです。息子の成長をサポートして下さる先生方に感謝しつつ「行ってきます」と「ただいま」を言う笑顔を愛おしく思う毎日です。

「大泣きしていた我が子が、笑顔に…」Dさん

年中と年少、同時に二人の息子を入園させました。

入園前、市内のいろいろな幼稚園の説明会に行き、

①ベテランの先生がいること

②男の先生がバランス良くいること

③何より子ども達が伸び伸びしていて楽しそうなこと

の点で清水を選びました。入園式では、必死にしがみつき、大泣きの我が子達でしたが、先生の「一週間で落ち着きますよ。」の言葉通り、三日目には、恥ずかしそうにしながらも自分達からバスに乗り込みました。今では「幼稚園楽しい!」と元気に通園しています。幼い個性を見極め、きめ細かく支えてくれる先生方に感謝すると共に、日々大きく大きく成長していく我が子を嬉しく思います。

「我が子の感性にびっくり!」Eさん

入園当初の時に比べ、絵を描くことや工作も格段に上手になりました。持ち帰ってくる作品は、いつもニコニコ顔で「これ作ったの~」と見せてくれます。この夏には、幼稚園でカブト虫やセミを捕まえたりしました。そして、セミの抜け殻を大量に集めたものを、夏休みの作品として持って行き、先生やお友達は、みんなビックリしていたそうです。家では一人っ子のせいか、とてもわがままなのですが、幼稚園に行くと変わるものなのですね。いつも優しくご指導して下さる先生方には、とても感謝しています。

お問い合わせ
清水学園幼稚園はどんなところ?
楽しい年間行事
預かり保育
しみずっこ新聞