• 学校紹介
  • カリキュラム
  • キャンパスライフ
  • 資格・就職
  • 募集要項
  • 学費・サポート
  • 体験入学
歯科衛生士とは

歯科医療の現場で活躍が期待されている歯科衛生士

歯科衛生士の仕事は、「知識」と「技術」が求められる歯科治療のアシスタントだけではありません。

患者さんの不安を取り除き信頼されるためのコミュニケーション能力、つまり「心」が求められます。

湘南歯科衛生士専門学校生の「知識」「技術」「心」が、歯科医療の現場で大きな役割を果たしていきます。

歯科衛生士とは

今、日本歯科医師会が提唱する、80歳で自分の歯を20本は残すという「8020運動」の中心となって活躍しているのが歯科衛生士です。歯科衛生士は、看護師などと同様に厚生労働大臣免許の国家資格です。

歯科診療のスペシャリスト 歯科衛生士だからできる仕事

歯科予防処理:虫歯や歯周病の予防

歯石の除去やフッ素の塗布などを行います。

歯科診療補助:治療のアシスタント

歯科医師と協力し診察の効率化と安全性の確保、また、患者さんの不安を和らげます。

歯科保険指導:口腔衛生・歯磨き指導

幼稚園や小学校、高齢者施設などで口腔内の衛生管理などを指導します。

治療(キュア)から予防(ケア)の時代に活躍する歯科衛生士

歯科医療は「問題がおきてから対処する治療型」から「問題がおきる前に対応する予防型」に大きく舵をきりました。虫歯や歯周病になってからでは遅い、そうならないように歯石除去や予防の指導を行っていきます。また、在宅医療人口の増加に伴う訪問口腔ケアや、美しい歯をつくる審美歯科の分野でも歯科衛生士の活躍が期待されています。

さらに、歯科医院での臨床経験が5年以上あれば、歯科衛生士もケアマネージャー(介護支援専門員)の受験資格を取得することができます。このように歯科衛生士の活躍の場は、ますます広がっています。


これからの歯科医療の主役は歯科衛生士です。